気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

所詮自分は国内地域レベルでしかないと知る

第3回 アジア最大の求人サイトCEOが語る「優秀な人材」論
by @IT自分戦略研究所

@IT自分戦略研究所のコラム「海外から見た! ニッポン人エンジニア」を流し読みしていて、ちょっと思うところがあったのでネタにします。

上記リンク先は、600万人以上!!の登録者がいる、アジア最大のインターネット採用サイト「Jobstreet.Com」(ジョブストリート)のCEOであるマーク・チャン氏へのインタビュー記事となっています。

この方、経営のロールモデルとしてあの松下幸之助氏の考え方を取り入れているようで親しみがわきますが、このチャン氏が求める「優秀な人材」は「新しい産業をつくり、雇用を創出していける人材」との事で、これがグローバルに求人サイトを運営する企業が求める人材像なんだと、妙に納得がいってしまいました。

しかし、しかしですね、いくら雇用を創出できる素晴らしい人材だとしても、世界の共通言語たる「英語」が出来なければ、舞台に立つことさえ許されないことにいまさらながら気付きます(笑)

私のように、のほほんと生きている者にしてみれば、日本語というマイナーな言語をしゃべり、しかも北海道という日本の中でも辺境に位置するところでのんびりと生きていられるので、所詮自分は、日本という狭い地域のさらに北の外れで暮らす、地域限定のSEという身分でしかないのです…。

別に自分の環境を卑下しているわけではなく、現状の自分の姿を見つめなおす良い機会と捉えました!

いくらインターネットが発達し、ボーダレスになったとはいえ、それはバーチャルの世界の話なので、実際世界の距離が近くなったわけではありません。でも、ネットの世界に身近で接していると、家にいながら世界とつながっているような感覚に陥るときがあります。しかしそれは錯覚でしかありません。

井の中の蛙が、井戸の中でテレビを見ているようなものなのかも・・・

日本は今後さらに世界に目を向けていかなければならなくなるので(言い切ります!)、すでにガチガチに凝り固まった私の脳みそを、少しでもほぐしつつ世界に目を向けていかなければ、まともに生きていくことすらかなわない世の中が来るかもしれません。

私は、自分のことだけではなく、二人の子供の親として、せめて将来子供達が生活に困らない程度の教育を施してあげなければいけないと考えていて、そのために本を多読したり、世界の流れにアンテナをはって情報を集めたりしています。

また、子供達にただ「勉強しろ!」と言うのではなく、「オレも一緒に学ぶのだからお前達も学べ」という姿勢で、親も本気なんだというところを見せられればいいですね。

まずは自分がいかにちっぽけな存在かを認識して、もう少し大きな存在になるにはどうすればよいか、足りない脳みそを駆使して考えていきたいと思います。

これからどんな時代が来るのか?

私の予想では、あまり明るくない未来しか見えてこないので、気持ちだけは前向きに、そして柔軟で変化に対応できるような人間を目指していきたいですね!

「優秀な人物」までにはいかないにしても、「まだまともな人材」くらいにはなりたいものです。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/862-edbbdf89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。