気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

巻き取れる有機ELディスプレイがすごい

ソニー、巻き取れる有機TFT駆動有機ELディスプレイを開発
by CNETjapan

今週見ていたニュースの中で、未来を感じる夢のある技術だな~と感じたのが上記の記事です。くるくる巻き取り可能な有機ELディスプレイって、これパソコンやら携帯やらのデザイン形状を根本から変えてしまう、ものすごいインパクトのあることだと思います!

これまで長きに渡り、ディスプレイの大きさに合わせたデザインを追及するしかなかったパソコンや携帯電話、ゲーム機やテレビなどの電化製品まで、この巻取り可能な有機ディスプレイが実用化されれば、ディスプレイのサイズに固執せずに済みます。

PCを例に取れば、ノートPCなどはリレーのバトンみたいな形状の筒2つにディスプレイの巻き取り装置をつければ、使いたい時にその筒を左右に広げるだけで良くなります。その筒状の部分に、SSDなどのディスク、CPU、メモリ、FAN、グラフィックチップ、USBポートやLANポート、無線LAN、Bluetoothなどを詰め込めばばいいだけなのですから!

こういうの絵に描ければ説明いらずで済むのですけど、そもそものデザイン(ノートPCなどの形状)から解放されることにより、あらゆる分野でのイノベーションが起こると考えています。

特にウェアラブルコンピューティングの分野などだと、大きな影響を与えることにもなりそうです。

ウェアラブルコンピュータ
by wikipedia

上記wikipediaにも写真が掲載されていますが、ZYPADなどの身につけるパソコンを考えると良くわかると思いますが、ウェアラブルで一番ネックになるのはディスプレイでして、どうしてもある程度の大きさがないと視認性が悪くなるので、デザインもそういったものにしかなりません。

Linuxベースの軍用腕コンピュータ「ZYPAD WR1100」
by engadget

もしディスプレイが柔らかく、巻き取り可能なものだとしたら、普段は収納しておけばいいので、場合によっては体に14インチクラスの巻き取り有機ELディスプレイを身につけることだって可能になります。

つまり、ディスプレイは固くて曲げられないという制限が無くなるため、巻き取り分の容量があれば事足りるものが沢山出てきます。テレビだって普段は画面を収納しておき、必要な時に広げて大画面で見ることだってできますし、パブリックビューイングなどで使うような、トラックに巨大なディスプレイを装着したようなものだって、両端の巻き取り機の部分を考慮しておけば、わざわざ巨大なトラックなどに設置する必要もないわけで。

iPhoneのようなデバイスだって、今の形状にプラスで巻き取り式有機ELディスプレイを付属させれば、iPadまではいきませんが、それに近いくらいの大きさの外部ディスプレイとして使うことだって出来るかもしれません。

私のような足りない頭でも次から次へと色んなアイデアが浮かぶのですから、ディスプレイの固さと重さという枷が外れたら、どんな製品が登場してくることか・・・ワクワクしてきませんか?

私の頭の中では、まったく新しい形状のPCのデザインが思い浮かんでいるのですが、それを具現化させる術を持たないので、こうしてダラダラと文章で説明するしかありません・・・。本当にもどかしく感じます。。。

私の拙い文章でどこまで皆様に伝わるかは分かりませんが、世の中の事象として、

堅いものが柔らかくなった時
冷たいものが暖かくなった時
暗いものが明るくなった時

etc

これまで常識とされてきた事から、「真逆」のことが起きた時って、ものすごいイノベーションが起こる下地が整うと信じていまして、このニュースを見た際に、一人で勝手に興奮してました。

ひょっとしたら、この技術(巻き取り式有機ELディスプレイ)はあまり見向きもされず、いずれ霧のように消えてしまうかもしれませんが、色々な分野で応用がききますので、SONYには諦めず開発を続けて欲しいものですね。

未来に夢を感じる技術

日本はこういう分野を切り拓いていってもらいたいものです。
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/919-83fa4c04

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。