気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピクト図解 Liteを読みました

iTunesやApp Storeで無料で手に入る、電子書籍「ピクト図解 Lite」をやっと読みました。確かダイヤモンド社から発表されたその日に手に入れたはずですが、なかなか読むタイミングがなく放置しておりましたが、外出先で1時間ほど待ち時間があり、その間で2回ほど読了しました。

pict.jpg

ピクト図解 Lite
by iTunes

ダイヤモンド社のiPhone電子書籍:読書を自由にするとびら。
by ダイヤモンド社

iPhone03.jpg

無料のアプリなのですが、中身は書籍の「ピクト図解」の一部分を電子化しただけなので、120~130Pくらいのページ数しかありません。下図参照。

iPhone01_20100602141944.jpg

話題になっていたピクト図解の概要を知ることが出来て、楽しかったのと同時に、挿し絵というか「図」が段階的に1ページごと表示される作りなので、視覚的にピクト図解のモデルが理解しやすかったように思えます。

このピクト図解ですが、企業やビジネスの分析だけに留まらず、色々な事に応用できそうな感じでして、物事の本質を捉えるための図解ツール、と呼べるかもしれません。

ただ単純な中にもルールがきちんとあるため、腑に落ちるまでピクト図を書き続けなければ、いずれ使わなくなるかもしれない…と感じました。物事や世の中の流れを「図解」する能力があれば、見た瞬間に俯瞰できるため、有用なツールになりうるとは思います。

ちなみに使用する「図」の種類は、3種類の「エレメント」と2種類の「コネクタ」、2種類の「オプション」だけという、なんともお手軽なものとなりますが、実際のピクト図解の詳しい書き方については、書籍で確認してみたほうが良いと思います。



もしくは、公式サイトなどでそのメソッドを感じてみてください。

ビジネスモデルを見える化する ピクト図解 3W1H公式サイト
by 3W1Hメソッド公式サイト

さて、ダイヤモンド社から発売されている電子書籍のビューアーですが、iPhoneアプリ「SkyBook」の開発者でもある高山恭介さんの「DReader」が使われておりまして、その辺の開発の苦労話などは、下記URLを参照いただけると分かりやすいです。

発売から1位独走!iPhoneで読む『もしドラ』電子書籍 開発の舞台裏
by ダイヤモンド online

今後、検索機能やラインマーカー機能などが実装される予定ということで、すごい期待してしまいますが、この「DReader」は画面タップでページがめくれるのでとても快適であり、使いやすいなと感じています。

ただ、私のiPhone内だけでも4つ以上の電子書籍ビューアーがインストールされているため、1つか2つ程度にまとめられないものかと、そう感じてしまいます…。

今後AppleのiBooksやAmazonのKindleアプリなども考慮していくと、ビューアーばかり増えるばかりのような、そんな気がしてきます。ファイルのフォーマットを含め、まだまだこれからと思われる電子書籍ですが、iPhoneで読む書籍は空き時間を有効に使えるなど、とても良いとは感じています。

実際に「紙」の本よりも値段が安かったりしますし、今後冊数を増やしてく予定。なにせiPhoneさえあればどこでも気兼ねなく本が読めますからね~。

もっと悩むくらい色々な電子書籍が読みたいものです!
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/922-043fdbf2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。