気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これからは音楽もクラウドの時代

クラウド型の音楽サービスが続々登場
by 日経ビジネス Bloomberg Businessweek

すでに死に体(しにたい)の様相を醸し出している音楽CD業界ですが、代わって覇権を握ったAppleの音楽配信サービスも、磐石な態勢じゃないのですね・・・。

これからは、好きな1曲をダウンロードして持ち歩くのではなく、クラウドにある音楽データをストリーミング配信で聞く、というスタイルに移行していくかもしれません。

これまで楽曲に公然と値段が付いていて、買うにしろ借りるにしろダウンロードするにせよ、1曲や1枚単位での価格を支払い、目的の曲を手に入れていたものが、月額の料金を払うことにより、どんな曲でも聞き放題というサービスに置き換わった時、所有するのがいいのか、必要ならそこにアクセスすればいいのか、の違いがとても大きな差があるように感じられます。

CDの購入や、1曲のMP3ダウンロードにお金を払うよりも、月々の定額料金で曲の聞き放題という形のほうが、確かにお得感はあります。例えば上記記事中のMOGだと、約800万曲もの音楽を月5ドル(約450)の料金で聴くことができ、毎月CDアルバム1枚買うよりも安いですし、1曲100円~200円のMP3をまとめてダウンロードするよりも安上がりになりそうです!

年間5千円ちょっと払っておけば、新曲だろうが何だろうがインターネット上からストリーミング配信で聞き放題!音楽好きのリスナーにしてみれば、まさにもってこいのサービスではないでしょうかね?

さらには、MOGにアクセスすればわかると思いますが、様々な人たちのプレイリストを公開することにより、「あ、あの○○さんの聞いているリストがある!」とか、「このミュージシャンが作成したプレイリスト最高!」とか、曲に焦点が合うのではなく、プレイリストに注目が集まる世界がやってきます。

それはSNS的なつながりとも言えるし、サービスに一定額で対価を払っているものだけの、つまりそのネットワーク内での、音楽を共有する価値が注目されるのです。

面白いですよね~。

私も好きなアーティストや、センスが良い方々のプレイリストがどんなものか、聞いてみたいものです!!または、自分でもプレイリストの公開をしてもいいかな?なんて気持ちもあります・・・。

これまでとは違った世界が繰り広げられそうで、ちょっとだけワクワクしてきます。

すでにアップルも、ストリーミング版のiTunesを準備しているなんて噂もありますから、iPod、iPhone、iPadでデバイスを席巻するアップルにはもってこいのサービスになるやもしれませんね!

もし、アップルが月額500円程度でのストリーミング配信サービスを始めたら、即行で加入しちゃいそうな気がしています。曲を所有するという概念は、自分が本当に好きなアーティストの曲だけとか、思い出の曲とか、心に染みる曲だからとか、感情に訴えるものしか生き残れなくなるかもしれないですね。

そうなると、ますます音楽業界は利益を上げる手段が少なくなり、やがてコンテンツを作成する側にもしわ寄せが行くことを考えると、良い曲が少なくなってしまうかもしれないです・・・。それはそれで困った話しですが。。。

今後ますますアーティスト側でも、曲を買ってもらう努力とか、口コミで評判にする努力とか、マーケティングがモノを言うことになるのでしょうかね?もしくは、より多くのプレイリストに入れてもらう努力とか(苦笑)

アフィリエイトじゃないですけど、プレイリストに入れてくれたら10円とか(笑)そんな多売の仕組みとかも出来るかもしれませんね(あまり夢が感じられないですが・・・)

世の中どんどん変わっていきそうです・・・
Twitterでつぶやく

| PCネタ・IT系ニュース | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/923-2c018305

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。