気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「時期尚早」と「前例がない」は使わない

南アフリカサッカーW杯を控えたこの時期に、大好きなサッカー話しでもしようかなとも思いましたが、一応このブログは左カラムにあるカテゴリーに基づいた内容を書くことにしているので、せめてサッカーにまつわる話をしつつ、無理矢理展開してまいりたいと思います(その他ってカテゴリーがありましたね・・・)

サッカーのJリーグをプロ化させた方で、今でもキャプテンと名乗る「川淵三郎」氏ですが、人となりはどうなのかよく分かりませんけど、サッカーのプロ化を検討している時の演説がとても気に入っています。

その昔サッカーのプロ化にあたり、慎重な意見を唱える人が多く、「時期尚早だ」とか「前例がないから」といった、躊躇してしまうような言葉に左右させられていた時に、その雰囲気を一変させてしまった見事な説話がありますのでご紹介します。

「時期尚早という人間は、100年経っても時期尚早と言う。前例がないという人間は、200年経っても前例がないと言う。そもそも時期尚早というのは「やる気がない」という意味である。ただ恥ずかしいからそういう言い方をする。そもそも前例がないとは、「アイデアがない」という意味である。ただ恥ずかしいからそういう言い方をするのだ!誇りと責任を持たない人間は、そうやってできない言い訳を理由として並べ立てる。しかし、「できないことをする」「わからないことに取り組む」それが仕事というものなのだ!」by 川淵三郎氏談


結構有名な話なので、聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、見事な切り返しですよね!ある意味正論なのですが、この言葉に反論するとしたら「この若造が!」とキレるか(笑)、「ダメなものはダメなんだ!」と話をクローズするしか手立てがないように感じます。それか無理矢理「そもそも論」として、サッカーのプロ化に意味があるのか?とか、そういう強引な論法を使わなければ勝てなさそうです・・・。

~時期尚早とは「やる気がない」、前例がないとは「アイデアがない」~

という言葉が私のお気に入りなのですが、時期尚早とか前例がないとか、どうしても逃げのイメージが付きまとう言葉に感じますし、そんな事言っていたら何も前に進まないので、後ろ向きな印象も受けます。

私も仕事で、商談や会議をしている最中に、「それは時期尚早だ」とか「前例ないから無理」とか、そういう否定をされた記憶がたくさんあります。立場が上の人達が逃げの時によく使うということを知らないと、簡単に論破されてしまう言葉でもあるのですけど、私はこの川淵さんの話しを知っていたので、実際にそういう発言を聞くと「あ、この人やる気ないんだ」とか「なんだこいつ、アイデアの1つも出せないのか!」と、ついガッカリしてしまいます(苦笑)

ハナっからやる事を前提としている人と、やらない事を前提としている人の意見のぶつかり合いという構図にも取れますが、曖昧なニュアンスにも取れますよね。

時期尚早とか前例が云々という言葉自体、「相手にまかせられない」とか「自信がない」「信用できない」など、そういった不安や恐れの感情が見え隠れするため、実は説得力があまり無いんですよね。

そもそもこういう言葉を発する人は、前述したとおり、立場が上の人であったり、やらない事に執念を燃やす人だと思いますので、相手に否定しているという印象を持たせちゃいます。

そりゃ~5歳くらいの子供をJリーグのチームでプロ契約にするとかだと「時期尚早だ」という話しにもなりますけど、いい大人同士の間でこの言葉を使われると、滑稽に感じるケースが多々見受けられます。

また、「前例がないから・・・」という言葉に対しては、こう言ってやりましょう。

「前例が無いっていうけれど、世の中って前例が無いことを克服してきた先人達がいるから成り立っているのではないですか?」

思考停止に陥って、面倒なことを避けるよりも、足りない脳みそで真剣に考え、積極性を示す方が私は好きです。後ろ向きでいるよりも、絶えず前向きでいたいです。

時にはそれで一喝されて落ち込んでしまうことがあるかもしれませんが、守ってばかりでは得点は入りませんからね(今の日本代表のように・・・)

登山をしようとして、時期尚早、前例がない、と言っている限り、いつまで経っても山に登ることは叶いませんし。

私も含めて、こういった「時期尚早」「前例がない」などという言葉は、意図的に使う以外は慎むべきなのでしょう。

もしあなたが下の立場で、相手から上から目線でこういう風に言われたら、心の中で笑ってやりましょう(笑)

まあ「もう手遅れ・・・」とか「常識だろう」とか言われるよりはマシだとは思いますけども・・・。

私自身、過去に使ったことがあるので、今後は気をつけたいと思います(反省)

ということで、サッカーにまつわる話から無理矢理に記事を書いてしまう、ネタ不足の私なのでした・・・

前例が・・・あり過ぎる(笑)
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 23:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: お久しぶりです

もちろん覚えていますよ!
うちも小学生に上がりました。
一応楽しんでいるようです。

新しいブログ、お邪魔します!

| fuminchu | 2010/06/07 21:19 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/06/07 15:12 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/924-deaf1d6d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。