気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TwitterとUstreamで曲が完成します!

TwitterとUstreamで曲が誕生、向谷 実氏が試みた「音楽産地直送」とは
by 日経トレンディネット

TwitterとUstreamをフル活用し、楽曲を作成するところをライブで見せつつ、歌詞をtwitterで募集してしまうという、なんとも画期的なプロジェクトを実践してくれたカシオペアの向谷実とシンガー・ソングライターの中西圭三による、その名も「向谷 実×中西圭三プロジェクト」!

私はこの実況の一部を、5月12日にUstreamで放送された、YAMAHA未来型音楽レーベルのUstream中継「未来ラベル」の中でその一部を見ておりました。

mirailabel
by Ustream

future_label
by twitter

これまでの「向谷実x中西圭三プロジェクト」の動画は、下記で確認できます。

向谷実倶楽部-Ustream
by Ustream

向谷実さんの向谷実倶楽部公式サイトは下記。

向谷実倶楽部
by mukaiyaclub.com

カシオペアの向谷さんと言えば、最近はシンセを弾く面白いおじさんという印象が強いですが(笑)、フュージョン界の大物として、そして音楽家としてもかなりの実力者です。

その昔シンセ小僧だった私は、月刊Keyboardマガジンを愛読していましたが、向谷さんにはかなり薫陶を受けました。そういやカシオペアやTHE SQUAREの曲をコピーしたりしていたっけなぁ~(遠い目・・・)

そしてもう一方の中西圭三と言えば、ZOOの「Choo Choo TRAIN」の曲を提供したり、自身もTicket To ParadiseやWomanなどのヒット曲もあります。最近ではNHKおかあさんといっしょの「ぼよよん行進曲」など体操の曲もあります(小さい子供を持つ人ならば分かるネタ)。

そんな二人がリアルタイムで曲を完成していくサマは、見ていて圧巻・・・というよりは笑いに包まれていたようですね。笑いの中で淡々とプリプロが進んでいく姿に、プロの仕事を盗み見ている感覚で、思わず息を呑む場面もあります。

そこにtwitterで視聴者が絡むから余計に不思議な世界が繰り広げられたのですが、一番驚いたのは、レコード会社を通さないでコンテンツをネットで提供していたことで、二人ともレコード会社との専属録音契約をしていないからこそ、成し遂げられたのでしょうね。

二人はアーティストでもあるため、その楽曲には著作権だけでなく肖像権やら何やらと、所属するレコード会社に帰属するものがたくさんあるはずです。今は二人ともフリーなんですかね?

それにしても、Ustreamとtwitterという、インターネットを活用したサービスで、ここまでのことが可能になってしまうことに驚きを隠せません。だって、自宅でいながらネット越しに楽曲をリアルタイムで作れるのですから!

いつでもバンドセッションを自宅でやろうと思えば出来ますし、移動の時間と手間が省けるだけでなく、第3者にも公開し、さらにtwitter上で突っ込みまで入るという、ものすごい世界です。

私はこの動画を見て一人で興奮していたのですけど、プロの仕事に擬似的に参加しているような感覚に陥り、相当インパクトが強かったのでしょうね、夢にまで出てきました(笑)

そのうち、アマチュアミュージシャン同士で、自宅にいながら曲を作ったり、プロでも自宅や離れたスタジオ同士でジャムセッションを行なうことだって可能なわけです。

もちろんプロの場合は、最終的にはスタジオでマスタリングすることにはなるのでしょうが・・・。

でもネット上で募ったアマチュアメンバー同士で、Ustreamやtwitterを使い、作成した楽曲がどこかのプロデューサーの目にとまり、CDデビューなんてことだって、今後あるかもしれません。もうすでに起こっているのかもしれませんが。

なんとも夢が広がる話ですが、こういう場に出てくるには、それなりの実力が伴っていなければ話になりません。ギターを弾いたことがないのにセッションできるわけないですしね。

最近音楽業界に元気が感じられないので、こういうネットを活用した楽曲作成現場などを身近に感じることが出来れば、盛り上がることも可能ではないかと思います。

今後とも向谷実倶楽部には要注目ですが、きっと似たようなことをするミュージシャンが増えると思いますので、UstreamはDOMMUNEだけでないというところを見せて欲しいものです(苦笑)
Twitterでつぶやく

| マルチメディア | 20:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/934-47c5ea41

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。