気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

64bitマシンの時代です

稼働中のWindows 7、約半数が64ビット版
by ITpro

Windows7が発売されて久しいですけども、今世の中で動作しているもののうち、半数が64bitマシンという記事に、やっとPCも64bit化の流れが来たかと、感慨深いものがあります。

ちなみにWindows7 64bit関連のことはこのブログでも何度か書いています。

Windows7買うなら64ビット版と32ビット版どっちにするか
Windows7 64ビット版のアプリ動作状況など
by 気になるけど

私は64bitという数字を聞いて、すぐに思い出すのがNintendo64というゲーム機についてなのですが、世の中は64bit化されるんだ!と今後の高アーキテクチャ化に強い期待をかけていたのが懐かしいです・・・。

ゲーム業界はとうの昔に64bitの波を越え、今や128bit機全盛の時代ですからね・・・。それに比べてやっとPCは64bit化に移行し始めたばかりです。なんだか遅いな~という気がしますけど、それはあくまでも家庭用のPCで32bit以上の演算をするような処理が必要なかったから、というのも大きかったと思われます。

「そもそも32bitと64bitの違いは何だろう?」

という方には、以下のサイトにて取っても分かりやすい回答をされていますので一読してみてください!

現在PCは32bitですが、ゲーム機は128bitですよね、 PCも128bitにしたら速いのでは...
by Yahoo!知恵袋

暗算の例えがとっても秀逸なのですが、コンピューターというかトランジスタの歴史に必ず出てくる「ムーアの法則」で言われているような、

最小部品コストに関連する集積回路におけるトランジスタの集積密度が18~24か月ごとに倍になる、

という事象が未だに続いているとされるこの業界において、演算処理自体がいつまでも32bitのままでいいわけがなく、少なくとも倍の演算処理が可能な64bit化が進まないことに私自身とっても不思議な気持ちでおりました。

グラフィックや映像関連などでは、ものすごい量の演算処理が必要とされるという状況から、常に高スペック化が推奨されてきましたが、ようやくハードの方はその制限から開放される時が来たという印象です。

私は普段サーバ機に親しんでいるので、メモリーが8GBとか16GBなどという言葉にも怯んだりしませんけど(笑)、家庭用のPCの大半が32bitOSで動いている以上、メモリーは最大でも3.5GBくらいしか使うことができませんから、それ以上のメモリーを搭載させたいという欲求に応えるには、64bitOSを選ぶしかありません。

しかし、残念ながらその64bit演算を処理させるソフト(アプリケーション)自体での対応が遅れているため、せっかく64bitのOSにしてその恩恵にあずかろうとしたのに、ソフト側が32bitならば、動作的には32bitのままです・・・。

私はAspire1410(Windows7-64bit)というCALVノートPCを所持しているのですが、結局普段使用しているのは全て32bit用のアプリケーションばかりです。

Windows7の64bit版は、WOWという優れたエミュレーターを動かしているので、32bitのソフトでもシームレスに動作しますけど、本当は全てのソフトが64bit化されていれば、少しはその動きが体感できるような気もします。

しかしながら、所詮ネットブックの上程度のCALVノートPCなので、逆に32bit版アプリを使っている方が動きが良いのかもしれませんが・・・(苦笑)

世の中のPCが64bitにすりかわり、アプリケーションも64bit化されれば、それなりの動作が可能なスーパーPCが家庭でも使用することが出来るでしょうけども、こと巨大なデータ解析分野に関しては、1台のPCのスペックを上げるよりも、Googleの検索技術でも有名なHadoopなどを使った分散処理の方が効率がいいです

その辺のところは拙ブログでも書いております。

Hadoopと歩む企業システム
個人でも膨大なデータの解析が行なえる時代
by 気になるけど

結局のところ、64bit化されたOSで何をするのか?という部分に行き着いてしまうのですけども、今後、企業だけでなく個人でも抱える膨大な情報をいかに捌いていくか・・・という部分に着目すると、いい加減32bit演算というレガシーロジックからは脱却して然るべきと感じます。

企業向けの、64bitOSで8CPUにメモリー32GBという爆速サーバーなどを見ていると、これにSSDを加えるとどんな動きになるのだろう?と思ってしまいますが、今後はそんな仕様のPCが家庭内でも跋扈(ばっこ)するようになるのかな?と夢見てしまいます。

動画全盛のこの時代、データは自宅に置かずクラウドへ・・・という流れに傾きつつあるので、PCなどは単なる再生デバイスに過ぎないという見方も出来ますけど、PCオタクの私のような者には、「超高速」というPCを持ち続けたいという欲望があります・・・。

もうこれは職業病のようなものですけど、私が死んだら棺おけにマイPCを入れて弔って欲しいと遺言に書こうと思っているくらいなので(笑)、これからも高スペックPCと歩みつづけていきたいですね。
※決してやましいデータがあるから一緒に焼いてくれ!という意味ではありません(笑)

Office2010でも64bit版が選べますし、時代は着実に64bitの流れに向かっていると思われますけど、手持ちのソフト群を全て64bit化させるのは金銭的に難しいので、我が家はまだまだしばらくの間、32bitのソフトでチマチマ動かすのが関の山でしょうが・・・。
Twitterでつぶやく

| VISTA・Windows7 | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/955-7e633913

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。