気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海と風から得るクリーンなエネルギー

実験始まる洋上浮体風力 日本の海洋エネルギー期待の星か
アイデアいろいろ 研究進む波力・潮力・海流発電
by 日経BPネット ECOジャパン

一時期ものすごい注力していた環境問題に対する熱が、だいぶ冷めてしまった私なのですが、久しぶりに「おおっ!」と、ときめく記事を見ました!

以前はコレ系のニュースをくまなくネットで探したり、ナショナルジオグラフィック誌やその他の書籍などから情報を得ていたため、洋上浮体風力などという言葉も知っておりましたが、そのイメージ画像が素敵で嬉しくなってしまいました。

日本は海に囲まれた海洋国家なので、元々海から受ける恩恵が多いのですが、クリーンエネルギーを海から得ようという試みは、むしろ遅すぎたのではないかと思います。

記事中にもありますが、イギリスなどではすでに海上に固定式の巨大風車を設置して電力の足しにしていたり、ノルウェーでは浮体式の実証実験を2009年から実施しています。

日本でもかなり前からこの手の研究はされていたはずで、国の予算がなかなかつかないとか、そんな理由で先延ばしされていたのかと思うと、国は何をやっているのかと、文句の一つも言いたくなります。事業仕分けなどの、さほど実績を伴わないパフォーマンスで科学関連の予算を切ったりしたのは記憶に新しいですけど、こういう将来の足しになるようなことにこそ、税金を注ぎ込んで欲しいものです。

さてそんな、洋上風力、潮力、海流発電ですけども、日本は何と言っても台風の通過地帯に属しているため、海が荒れることが多く、こういった海上や海中の発電施設が時化などに耐えることが出来るのか?その辺が気になるところです。

実際に研究所などでは実験を繰り返し行なっているとは思いますが、倒壊してしまったら元も子もないですからね。まあそれは原子力発電所の危険さに比べれば屁でもないのでしょうけども・・・。

それよりも、海上を運航する船と衝突して破壊されるリスクの方が大きいのかもしれませんね。日本の漁船などは話しが通じるかもしれませんが、海外から渡航する船や、不当に航行する国籍不明の潜水艦などだと、そんなところに発電施設があるなんて思いもよらないでしょうから・・・。

それでも「エコ」という観点から考えれば、洋上風力、潮力、海流発電などは、今後とても有望な発電方法と言えますし、太陽光発電のように、大量のシリコンが必要になったりとか、逆に環境を汚染してしまうような、そんな事態は無さそうです。

これだけ高度な文明の中で暮らす我々に、明日から日が沈むと同時にロウソクで暮らせとか、電気の無い生活をしろと言われても、相当難しいことなので、クリーンで無尽蔵に取り出せるエネルギーを手中に収めるのは、国家の義務ではないかと考えます。

私などは、普段PCやらITやらで商売をしているため、その動く元となる電力を安定供給されなければ、何も仕事が出来ない子になってしまいますし(笑)

石油やガスなど、燃やして二酸化炭素を排出する資源は、今後どうやっても減らしていかなければいけない世界的課題ですので、自然エネルギーを利用した発電などは、絶対に確立しなければならないことです。

ガソリンスタンドなどは、通電されていなければ、スタンド下に備蓄してあるガソリンをポンプでくみ出すことすら出来なかったり、家庭用の灯油ストーブなども、電源が入っていなければ燃焼させることすらかないませんので、実は電気って想像以上に最重要なインフラなのですよね。

高層マンションなどだと、水を電動ポンプなどで上の階に送っているところなどもありますし、電気も水や食料と同様にライフラインに直接関わっているのです。

省エネと叫ばれて久しいですが、省くのにも限度がありますから、総体的な電力のパイをクリーンエネルギーで膨らませる、という投資をもっと行なうべきだと、私は考えますが、こういう分野などは後回しにされてしまうのが、今の日本なのですよね~と、最後は日本という国を嘆きながら、締まらない感じで終わりにいたします・・・。

みなさん、もっとクリーンエネルギーのことに注目しましょう!
注目されるところには人が集まり、お金も寄ってくるのですから。
Twitterでつぶやく

| グリーンIT・エコ | 21:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>なあびんさん

おっ、それは宇宙船地球号とか、そんな番組でしょうかね?
潮の流れで発電は、潮力発電そのものですね。
やろうと思えば色々発電方法ってあるものなんですよね~

雷の蓄電は恐らくこの先50年後とかでも無理なような気がします。
あの数億ボルトという電流を蓄電する施設を作れないのと、どこに雷雲がくるか分からないという問題もありますからね(+_+)
必要な電力を雷から得るのは結構ロマンがありますけど、
難しいのでしょうね。

発電は奥が深いです(^_^;)

| fuminchu | 2010/07/20 18:41 | URL |

そういえば、先日TOYOTAプレゼンツで、ECOの番組やってました。
ソーラーで電気を作って、海の中にあるサンゴを復活させて
島の大きさが小さくならないようにしようとか、カヌーを作ったりとか
いろいろやってました。あとは、海の潮の流れで電気を発電したりとか・・。

いろいろな組み合わせで電気ってできるんだなって関心しました(^^

いつも思うのですが、雷を誘導してわざと落雷させて電気を
蓄えられるような設備って、今の技術だとできないんですかね?
空を見ながら放電している様子をみると、もったいないと思ってしまいます(笑
もしできたら、いったい何台のサーバーを稼動させることができることか・・(爆

| なあびん | 2010/07/20 14:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/960-650b009f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。