気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Amazonで印刷版よりも上回った電子書籍

Amazon.com、Kindle向け電子書籍の販売部数が印刷版書籍を上回る
by ITpro

これアメリカのAmazon.comでの話しなのですが、ついに電子書籍の販売部数が印刷版書籍のそれを上回ったというニュースに、驚愕した関係者の方々もいらっしゃるのではないでしょうか?

私見としては、あと数年間はそんな事態は起きないと思っていただけに、このアメリカでの電子書籍の猛威は、とどまるところを知らない感じですね…。

KindleというAmazonが発売する電子書籍リーダーがそれだけ、アメリカ国民の間に行きわたっているという見方もできますし、紙の本よりも電子書籍の方が安いので、ジャンジャン購入している人が増えただけという見方もできますか。

それでも驚きを隠せないのは確かでして、将来的には日本も似たような状況になっていくのでしょうかね?

日本ではKindleを持っている人はごく少数なため、どちらかというとiPadやiPhone向けのiBooksの方がシェアが高くなりそうで、アメリカの動きとはちょっと異なる結果になりそうです。

それでもこの電子書籍の流れは止められそうもありません。

アメリカでは、ミドル層以上の本をよく読む層がKindleを持っている率が高いそうなので、1冊9ドル程度の電子書籍であれば、気軽に購入する人も多そうですが、対して日本では、本をよく読む層って何歳くらいなんでしょうかね?

今の小学生はものすごい本を読むという話を聞きますし、ちょっと前まではビジネス書ブームとかありましたし、村上春樹さんの1Q84シリーズなんかバカ売れしていましたし、傾向として、いまいち読書好きな層というものが見えてきません。

AmazonはKindleをドコモとかと組んで、3G回線付きで端末を数千円とかで販売することができたら、一気に市場が広がる可能性はあると思います。Amazonへの回線代金はAmazonが支払うという、アメリカと似たことをやれば、まだまだKindleが電子書籍の覇権を握ることは出来そうです。

私はKindle端末が、3G回線付きで一万円を下回るようならば、手に入れると思います。現状はiPadの方が欲しいので、訴求するとしたら価格しかありえないのではないでしょうか?

いっそのことKindleを無償で配布するようにすれば、利用率も高まると思いますし、そこにドコモのSIMロックフリーが合わされば、結構なインパクトで導入が進む気がします。

問題はコンテンツ側の方で、過去に発売された書籍とか、どんどんAmazonで電子書籍として販売していけば需要も掘り起こせそうですが、まだまだ遅々として進んでいないのが現状ですから、このままでいけばAmazonとか日本をスルーしちゃうかもしれないですね…。

抵抗が激しそうとか、そんな理由で…。

この辺は利権が絡むところなので、そりゃ~電子書籍への抵抗は強いはずでして、最悪日本ではいつまでたっても、書籍の電子化が進まない、なんて事態も大いに考えられます。

本を読む身として、電子書籍も紙の書籍も、どちらも読みたい方でして、新書とか雑誌は電子書籍で、小説やしっかりとした作りの本は紙の書籍で読むのがしっくりきそうです。

特に雑誌については、発売日に自分の電子書籍リーダーまで、勝手にダウンロードされていれば、手間も省けてとても良いと思うのですがね。そのかわり年単位での契約とかになりそうですけど…。

そんな夢のような状況に日本もなる日が来るはずですが、果たしていつのことになるやら、想像もつきません。

しばらくはiPhoneでチマチマ、ビジネス書とか読む程度で我慢します。
Twitterでつぶやく

| ビジネス書・本・電子書籍 | 21:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>yutakarlsonさん

こんちはです(^o^)丿
米Amazonでのお話しですが、電子書籍化が相当進んでいるのが
うかがい知れますよね…。
日本は何をやっているんだ!という気になってきます。
電子出版は場所を選ばないというのはその通りで、海外で日本語の
書籍が読めるのであれば、利用者はラッキーですよね。
著作権まわりの問題があるから勝手にできませんけど…

Kindleはまださわったことないので、安くなったら買っても
いいかな?くらいの気持ちでいます。

後ほどブログの方拝見させてもらいますm(__)m

| fuminchu | 2010/07/21 15:36 | URL |

■アマゾン、Kindle本の販売数がハードカバーを上回る―目立つ日本の立ち遅れ?!

ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」

こんにちは。米アマゾンで、とうとうKindle本の販売数がハードカバーを上回ったそうです。日本では、まだまだ普及していません。これは、著作権の問題もあるのでしょうが、そんなことは読者には全く関係がないことです。モタモタしていつまでたっても、動かないというのなら、米アマゾンあたりからどんどん出版されるようになるかもしれません。なにしろ、電子出版は場所を選びませんから。最近、シャープも本格的に電子出版に参入の意向を示しています。これなども、発想をかえて、海外から日本語作品を多数集めるようにしたら面白いかもしれません。第二のラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が見つかるかもしれません。それに、絶版となった本などどんどんまた出版していただきたいものです。詳細は是非私のブログを御覧になってください。

| yutakarlson | 2010/07/21 09:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/963-c94c01df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。