気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Mobile Studio Canvas SD-50が欲しい

今年の1月に下記記事で知ったRoland社のDTM音源であるMobile Studio Canvas SD-50。

久々のDTM音源、Mobile Studio Canvas登場
by All About DTM・デジタルレコーディング



しばらくその存在を忘れていたのですが、日経PCの記事を見て思いだすとともに、猛烈な所有欲が湧いてきて困っております…。

ネットブックでも音楽作りに挑戦できる!「Mobile Studio Canvas」を試す
by 日経PCオンライン サイトーの「独断」場

Mobile Studio Canvas
by Roland

今のようにソフトシンセが全盛の時代に、なんでこんな外部音源機器をローランド社は発売したのだ?と思ったら、非力なネットブックなどを所有している人でも、さほどスペックに縛られず、それなりに使うためには外部機器でしょ、ということらしいです。

しかもMobileと名がついているように、電池でも動作してしまうという、まさに時代が生んだ復刻版SoundCanvasという位置付けのようです。

音色は合計1,125音色/32ドラム・セットで、同時発音数は128ボイスと、昔16ボイスで「すげぇ~」とか言ってたのが悲しくなるくらいのスペックですね(笑)

外部接続端子も豊富で、DAWソフトウェアにMUSIC CREATOR 5が付属。てっきりSONARが付属と思ったのですが・・・。さらにUSBからの電源供給もOKということで、これは外部音源機器になれている私のようなものには、大変魅力的に映ります!

昔、DTM(Desktop Music)をかじっていた私は、高価な外部音源機器をローン組んで購入し、愛でながら使用しておりました。その後すべてソフトウェア制御の時代に移行し、すっかりご無沙汰になってしまいましたが、少しずつ情報だけは得るようにしていました。

そんな中、最近トンと見かけなくなった外部音源の突然の出現に、当時のワクワク感を思い出しております!

奇しくも我が家にはネットブックもCALVノートもありますので、食卓テーブル上でDTMが出来るというのはかなり魅力的です!
※HP mini 1000では厳しいかな(苦笑)

私は別途、ソフトシンセを持っていますが、PCのスペックにより音が途切れるとか、メモリーリークの影響かブルーバックでOSが落ちてしまったりとか、散々な目に遭い、ソフトシンセ関係は懲りておりましたので、余計に欲しくなります!

そういえばiPhoneでも音楽アプリを使用していて、以前このブログでも紹介したことあります。

iPhoneで音楽製作に勤しむ
by 気になるけど

iPhoneだと画面が小さすぎるのでどうしても通常使用に耐えず、だんだん使わなくなっていきました…。まあこれはモチベーションの問題なのかもしれませんが(汗)

ではこのMobile Studio Canvasを購入したとして、果たして本当に使い倒すか?と問われれば、自信を持って「ハイ!」と言えない自分がおりまして、将来無用な投資だった・・・となるケース考えられるため、慎重にならざるを得ないのですが、やっぱり欲しいなぁ~。

iPadも欲しいし、iPhone 4も欲しいし、VAIO typePも欲しいし、欲しいものばっかりですね・・・。お金いくらあっても足りないし、そもそもいじくる時間もそんなに無いですからね(苦笑)

よ~く検討していきたいと思います!
Twitterでつぶやく

| マルチメディア | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/971-65407758

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。