気になるけど

PC関連情報、ビジネス書、IT資格などについて書いていきます。 ただいま不定期更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

書くことは人を確かにする

読むことは人を豊かにし、話し合うことは人を機敏にし、書くことは人を確かにする(フランシス・ベーコン)


哲学者であったフランシス・ベーコンの「随想録」の中で記されている言葉ですが、実に言いえて妙だと思います。

私はこの言葉を見た時に、自分なりの解釈として、次のように感じました。

読むことは人の知識を豊かにさせ、話し合うことで人は互いの意見を知り機敏な行動を促され、書くことで人はロジカルに物事を捉え正しい考えを導き出す。


フランシス・ベーコンがどういう意図でこの言葉を発したのかは分かりませんが、私の中のフィルターを通すと、このような考えに思えます。

良い本を何度も読むことで、人の知識は向上しますし、話し合うことで双方の考え方が分かり、次の行動に結びついていくものだということは、なんとなくでも同意いただけると思います。

しかし「書くことで人はロジカルに物事を捉えて正しい考えを導き出す」というのは、意外と「本当にそうか?」といぶかる方もいらっしゃると思います。

私自身こうしてブログを書いたり、Twitterやmixiのほかにも、普段から紙やPCやiPhoneのメモ帳などに書いて考えを整理しているため、書くということに対して、私なりの一家言があります。

もちろん私はプロの作家さんでもないですし、文章で飯を食っているわけではないので、あまり説得力は無いかもしれませんが、それでも普段文章をしたためない方よりは「書く」という行為をしているのは確かです。

そんな私が思う「書くこと」は、頭の中で描いた言葉を視覚的に表示させるためにペンやキーボードを通じて紙やディスプレイ上に表現させ、それらを並べたりしているうちに順序だてた思考が促され、結果的にロジカルで正しい考えが導き出される、という感覚です。

そう思うのは、私がこれまでに培ってきた知識と経験によるものだということは何となく理解していますが、そもそも書くという行為は、自分の意見や考えを客観的に見ることが出来るので、そこからロジカルで良き考えが浮かんでいくものです。

実際に何か迷っているときなどは、ちょっとした紙に今自分が悩んでいることや、自分はどうしたいと考えているのかとか、どうされたら嫌だと思っているのか、そういうことをサラサラ書き綴り、客観的にその紙を眺めていると、不思議と答えが導き出されることが多いです。

他にも新しいことなどを考える時に、あれこれ書いてみて、それを俯瞰してまとめていくと意図しない考えなどが現れて驚いたりしますので、書くという行為は本当に重要だと思います。

もちろん書くことが苦手であったり嫌いな方もいらっしゃいますので、全ての人が書けとは言いませんけど、頭の中の記憶なんてかなり曖昧なものですし、話し合っても何一つ進まないことだってありますので、そこで「書く」ということの偉大さを一人でも多くの方が感じて欲しいものです。

そんな私も修行中の身ですので、あまり大きな事は言えませんけど、書くという行為は一生を通じて人を「確かな者」にしてくれると信じています。

そして今日も寝ぼけ眼と戦いながら、こうしてブログを「書く」ことにより、自分の中で眠っている主義主張をここで展開させております。

どうせならば、もっと「書く」という行為に着目し、自分なりの方法をはっきりと見出せることが出来ればいいですね。
Twitterでつぶやく

| 自己啓発 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kininarukedo.blog84.fc2.com/tb.php/975-1c732219

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。